無能が恥でなくなった時代に生きる

ネットを通じてリテラシーが上がってきたためか、無能はやっぱり恥だよねという空気がジワリと出てきた気がするので、「バカについて考える」に再改題しようかな、とか考えています。

#IWC脱退 #日本、IWCやめるってよ (今日の雑感)

 

#日本、IWCやめるってよ。

 

個人的には賛成。

 

根源的には死生観の違いに行き着いてしまうのだけれども。

IWCなんて、動物愛護クラスタが内輪で盛り上がってる場でしょう。

知性が高いとされる動物を優先的に憐れむという差別的動物愛護観が、各国・地域に根ざしている文化的経緯に優先するとはとても思えない。

 

前にも言及した記憶がありますが、保護対象を差別することは、人間を差別しうる価値基準です。

種として考えた時、人間にとってどうであるかという相対論で基準線を引くということは、何者かの恣意が必ず混入します。これは危険です。

自分にとっての有用性で人間内部になんらかの基準線を引くことにつながる。生存権みたいな人権(人間以外も含んだ議論だけれども)的なものの適用基準は絶対的なものでなければならない。

 

同種であるか、という絶対基準においては、人間内部に基準線が引かれることはない。

 

捕鯨クラスタは、自分たちの思想が普遍的なものではないことを自覚すべき。

 

 

 

商業捕鯨始めたって、商売としては成立せんでしょう。そこまで売れる気がしない。クジラ、たいして美味しくないんだもの。牛豚鶏レベルで常食されるとは到底思えない。

肥育コストの関係で、安く出回るならワンチャンあるか?くらい。

 

なので、実態としては、現状とほぼ変わらんでしょう。

 

だったら協調しとけばいいじゃん、という考え方もあるでしょう。

 

けど、私的には、ココは変な議論をしている奴らに堂々とNoを突き付けて良いところなんじゃないかなーと。