読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無能が恥でなくなった時代に生きる

ネットを通じてリテラシーが上がってきたためか、無能はやっぱり恥だよねという空気がジワリと出てきた気がするので、「バカについて考える」に再改題しようかな、とか考えています。

ISIS団

NHKが「イスラム国」ではなく、「IS・イスラミックステート」と呼ぶようになりましたね。
今朝のニュースを見て気づきました。

NHKが「イスラム国」の呼称変更 メディアごとに呼び方違い、混乱招きかねない
http://www.j-cast.com/2015/02/14227863.html

で、民主主義制における報道の使命として、「有権者に情報を届けること」があるわけで、
そのために、「公正・公平」で「わかりやすい」必要があるわけです。

※もしも私がマスコミの報道関係者だったら「イスラム国」呼称をどう考えるか(または呼称を変えたがらない理由の推測)
http://d.hatena.ne.jp/dslender/20150214/p1


そのため、「わかりやすさ」が重視されて「イスラム国」という呼称が使われてきたのではないかと言われています。
でも、「ISIS」と言われてピンとこない有権者は、それだけ国際政治の感覚に鈍いわけで、
そんな人にどんなに情報を提供したところで正しい判断なんて期待できないんじゃないでしょうかねぇ。

ということで、害の方が大きい「イスラム国」という呼称を改めたNHKを支持します。

私はたぶん、今後も変わらずISISって書くと思います。
珍呼運動努力も兼ねて、ISIS団とかイスイス団とか書くかもしれません。

※テロリストには、珍呼(ちんこ)運動で反撃しよう!
http://kuon-amata.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-4b12.html


なんかもっと間抜けな名称があれば、そっちに切り替えたいところでもありますが。


(2/16 22:00追記)


※「イスラーム国」の表記について
http://blogos.com/article/105633/
> (1)「イスラーム」と呼ぶとイスラーム諸国やイスラーム教徒やイスラーム教の教義と同一であると思い込んでしまう人がいる→どれだけリテラシーがないんだ?
> (2)「国」と呼ぶと実際に国だと思ってしまう人がいる→同上。

前にも参照とさせていただいた池内先生が本件について言及されておられたようです。

※もしも私がマスコミの報道関係者だったら「イスラム国」呼称をどう考えるか(または呼称を変えたがらない理由の推測)
http://d.hatena.ne.jp/dslender/20150214/p1
(前掲記事に追記)
> 今回のNHKの呼称変更について「短期的に勘違いする人たちを予防するために仕方がないとは言えますが、しかし、低次元の解決策」と断じています。


私は逆に 「イスラム国」と報道されるだけで、風評被害が発生してしまう
この国の民度の低さ・リテラシーの低さを前提に【低次元だからこそ賛成だ】。
なぜなら、この国の「民衆」が、
イスラム国」と報道されても風評被害が発生しないような【リテラシーを身に着けることは不可能】だからだ。
と思っています。

この国の報道機関は民衆の事を基本的にクソバカ扱いしていますが、それは正しい認識でしょう。
そびえ立つクソたちが有権者なんですよ、この国は。
もっとも、報道機関の中にもクソが結構な割合でそびえ立っていますがね。

リテラシーを持ってる人間であれば、ふつう、ISISと書かれたら、
何の略称なのか、どういう意味なのか、くらいは気になるハズでしょう。

私はバカなので、Islamic State と言われて「国家を自称している」という点には気づかないかもしれませんが。

私程度の者がISIS団の国家自称性に気づくより、そびクソたちの風評被害を防ぐ方が大事ですよ。

そういう意味で、この国の人たちがワタシ程度のバカで収まっててくれればよかったと嘆いておられるんだと思いますが、

先生、そりゃ無理ってもんだ。


バカを賢くするのは不可能なので、
バカとどう付き合うのが賢いのかを考えたほうが建設的だと思うんですよね。

(なので、面と向かって口にすることがないよう、このブログに吐き出しているという)