読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無能が恥でなくなった時代に生きる

ネットを通じてリテラシーが上がってきたためか、無能はやっぱり恥だよねという空気がジワリと出てきた気がするので、「バカについて考える」に再改題しようかな、とか考えています。

メモ: 塩村センセイの件と集団的自衛権の件

塩村センセイは、結構アレな過去(と、そこから感じ取れる「攻め」属性)をお持ちなのに、全面被害者ヅラなのが鼻につくんじゃないかと思いました。
「寛大さ」、「器の大きさ」みたいなパーソナリティーがカケラも感じられません。


集団的自衛権で世論調査とか出てまして、「説明が不充分」みたいな声が大きいということですが、前の安部政権の時にも取り沙汰され、選挙のときの公約にも入っていたにも関わらず、いまだにそんなことを入ってるヒトは、たとえ一年かけて説明しても同じことを言うと思うので、「興味ないです」って言うヒトの方がよほど共感できます。