無能が恥でなくなった時代に生きる

ネットを通じてリテラシーが上がってきたためか、無能はやっぱり恥だよねという空気がジワリと出てきた気がするので、「バカについて考える」に再改題しようかな、とか考えています。

オボさん騒動

オボさんの会見を映像メディアで確認したわけではないので、テキストベースで報じられる内容をベースに語るわけですが。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/usuimafumi/20140409-00034359/
(整理されてるまとめとしては↑がわかりやすかったです)



途中経過までは、ネットでしばしば発生する炎上案件と同じ進み方をしそうだな、と思ったわけですが、一転、炎上してしまった時の鎮火のお手本のような会見だった模様。

・主張は変えない
・他者を批判しない
・ひたすら謝る

佐村カワチノカミ氏は2番目ができてなかったので、しばらくくすぶり続けそうな気がしてますが、オボさん案件は、比較的スムーズにアカデミズムが粛々と処理していく流れに乗るんじゃないかと見ています。



関係ないですが、学者サンなのでそこじゃないだろというツッコミはさておき……

美人的な触れ込みですけど、そんな美人じゃないですよね? ていうかブサイクですよね?

(今日の会見で「やつれた」結果、ちょっとかわいくなった気はしますけど)

ゲフンゲフン