無能が恥でなくなった時代に生きる

ネットを通じてリテラシーが上がってきたためか、無能はやっぱり恥だよねという空気がジワリと出てきた気がするので、「バカについて考える」に再改題しようかな、とか考えています。

決まりごとは思考を放棄するためにある

決まりごとは思考を放棄するためにある。

いちいち悩んでいたら、効率が悪くて仕方がないですからね。

 

世の決まりごとにいちいち疑問を抱くことは、そういう意味でかなり不毛な作業である。

 

しかし、不条理なモノにはやはり違和感を感じてしまう。

この違和感は書くことでしか拭えない。

 

このブログはそういった違和感の吐き出し口としても機能している。