無能が恥でなくなった時代に生きる

ネットを通じてリテラシーが上がってきたためか、無能はやっぱり恥だよねという空気がジワリと出てきた気がするので、「バカについて考える」に再改題しようかな、とか考えています。

若気の至り【ポエム】

このブログも始めてから結構な時間が経過してますねえ。

ブログタイトルにも出ている、初期のころの熱量ときたら。

 

我ながら、何かに対する怒りが満ち溢れています。

そんな昔の記事に、罵詈雑言を浴びせてくるコメントもたま―に来ます。

 

うんそうだね、俺も若かったね。としか言いようがないw

 

けど、その時々のそれ相応の歳の人間の心の叫びというか、なにがしかの怒りみたいなものがほとばしっている文章群ではあるので、いまさらどうこう言うつもりもございません。

 

※欄が汚くなるので罵詈雑言の類は承認しませんけど、当時の俺の意見に対する、その時々の反応として興味深いので、承認待ち状態でずっと放置 というのが、正解なのかな、と。

 

 

ともあれ、言い方や文章に荒ぶっているところはあれど、ほとんどアクセスのないこんなブログは、私個人の思考の記録という意味で、私には意味があるものなので、あまり閉めるつもりはないのよなあ、という気分でおります。

 

若かりし日の恥部を隠そうとするのも、これまたダサい在り方なのかな、と思う次第。

 

外部環境との対峙の仕方

外部からの影響に対する姿勢、外部への向き合い方は、方向性として受容的か拒絶的かという軸で評価できる。

受容的対応とは、外部環境に適応した自己改造を志向する。
外部環境を所与の条件として、最適である自己を規定し、自己改造を行動原理とする。

拒絶的対応とは、自己に都合の良い外部にするための影響力行使、外部改造を志向する。
自分にとって望ましい外部環境を規定し、作り出すための対外干渉を行動原理とする。


男性による性的暴行という外部環境的危機を持つ女性を例に取ると、
受容的対応とは、男性の性欲を刺激しないよう露出度の低い服を着る、といった方向であり、
拒絶的対応とは、男性に自制を求めるといった方向になる。


自己改造と対外干渉では、対象たる外部がその干渉に応じるか否かが定かでないために、一般に前者のほうが容易・確実である。

 

受容的対応は、個人レベルの問題としては自己改造を行動原理とするため、変動的・改革的といえるが、
個人と社会の関係性でいえば所与の社会環境を受容するがゆえに、政治的には保守的である。

一方、拒絶的対応は、個人的世界観の変化・改造に否定的・抑制的という意味では保守的といえる。
自己改造ではなく、社会・環境の変化を求める立場であるがゆえに、政治的には社会の現状変更を求めるという意味で革新的である。

 

 

…例の取り方が良くない自覚はあるんですけど、ポリコレに配慮した物言いをする余裕がないということでひとつご容赦を。

 

 

 

#IWC脱退 #日本、IWCやめるってよ (今日の雑感)

 

#日本、IWCやめるってよ。

 

個人的には賛成。

 

根源的には死生観の違いに行き着いてしまうのだけれども。

IWCなんて、動物愛護クラスタが内輪で盛り上がってる場でしょう。

知性が高いとされる動物を優先的に憐れむという差別的動物愛護観が、各国・地域に根ざしている文化的経緯に優先するとはとても思えない。

 

前にも言及した記憶がありますが、保護対象を差別することは、人間を差別しうる価値基準です。

種として考えた時、人間にとってどうであるかという相対論で基準線を引くということは、何者かの恣意が必ず混入します。これは危険です。

自分にとっての有用性で人間内部になんらかの基準線を引くことにつながる。生存権みたいな人権(人間以外も含んだ議論だけれども)的なものの適用基準は絶対的なものでなければならない。

 

同種であるか、という絶対基準においては、人間内部に基準線が引かれることはない。

 

捕鯨クラスタは、自分たちの思想が普遍的なものではないことを自覚すべき。

 

 

 

商業捕鯨始めたって、商売としては成立せんでしょう。そこまで売れる気がしない。クジラ、たいして美味しくないんだもの。牛豚鶏レベルで常食されるとは到底思えない。

肥育コストの関係で、安く出回るならワンチャンあるか?くらい。

 

なので、実態としては、現状とほぼ変わらんでしょう。

 

だったら協調しとけばいいじゃん、という考え方もあるでしょう。

 

けど、私的には、ココは変な議論をしている奴らに堂々とNoを突き付けて良いところなんじゃないかなーと。

 

別に高ゲーでよくない?  ニュースもろもろ

◾️高輪ゲートウェイ

べつにそれでいいんでないの、と思うけど。

どうせ「高ゲー」とか「高ゲ」とか呼ばれるんでしょう。

業平橋が何とかって言うしゃらくさい名前になったが、今は何と呼ばれてるんでしょうね?

教えて、地元の人!

 

とは言え、出来レースなら公募なんかするなよ、とは思う。

公募で集まるのは同名駅があったり紛らわしかったりふさわしくない名前だったりもするわけなんだから。

 

◾️PayPay祭

昨日PSVR買ったんですが、えげつない行列ができてるわけ。スマブラも重なってたしね。

私はよくわかんなかったんで、PayPay祭はスルーしたんだけど、こんだけバズったらデファクト取ってしまうのでは?と思って若干後悔。

ただ、正直課金チャンネルをこれ以上増やしたくないんですよね……

交通系でも普通にQR決済してくれればいいのに。

ICの方が圧倒的に楽だけどね!

もう一度言う。ICの方が圧倒的に楽だけどね!

 

◾️ファーウェイ

私もファーウェイタブレット1台持ってますが。

今や、アンドロ端末を仕入れようとすると、国産の選択肢がほんと狭いですよね。

結局、ゴリゴリの個人情報を乗っける端末としてはiPhoneしか選択肢がない。

ソニーさんよ、もっとがんばれ!

 

 

 

最近のニュースについて諸々ざっくり感想 フランス人がいけ好かねえ話

 

最近のニュースについて諸々ざっくり感想

・ゴーン逮捕

立件できるか怪しそうですが。
「経営危機を乗り切ってくれてありがとう、でもそれって大量のレイオフの結果ですよね」
「馘首でスリム化して収益体質になったら吸収ですか。それでやることはフランス人の雇用確保ですか」
「大統領が出張ってくるなんて、おフランス様は宗主国気取りですか

てことで、今まで私が知らなかったフランス人のいけ好かない部分を見せ付けられた気がして、フランスへの好感度急降下中


・水道民営化

過去事例を見ると、過疎地の水道事情が明らかに悪化するでしょうね。
ここでもフランスのインフラ屋の話が出てきて好感度↓↓。 おフランス様は宗主国気取りですか

でも、これはある意味しょうがないことでもあって。
「コスト割れするような過疎地にしがみ付こうとすると、ますます住みづらくなるよ」という流れには逆らえないですよ。

「仕方がない、都会に出るか」と諦めをつけてもらうキッカケを、少しずつ作っていくしかない
(というか、社会が変化に適応しようとすると、そうならざるを得ない)。


入管法

これは私も微妙かなと思っていて。
財界としては低賃金労働者を入れたい、という話でしょうが、国としては「その前にやることがあるだろう」だと思います。

収益上がっているのだから、賃上げが先だろう、と。
賃上げもしないで何が人手不足だよ、と。そりゃ、そんな給料じゃそんな仕事したくねえよ。

AIだロボットだ、と労働から人間が阻害されていく流れの中で、人を増やす議論をしてどうするんだ。

外人が目立つコンビニ店員を例に取ると。
対人UIとしての「人間」は、AIには真似できない。というかAIに真似できるレベルの接客は、すでに機械化されつつある。
自動レジなどの機械化を進めつつ、そこで浮いたコストで、接客する人の給料はもっと上げていいと思います。

日本語の拙いコンビニ店員にイラっとさせられることが急増している訳で、この話は野党も戦える議題なハズ。
いつも無理筋なところで反対ばっかりしているから、肝心なときに必要な有権者からの信頼ってヤツが無いんですよ。

本当に、まともな野党の不在はこの国の悲劇。


・韓国

歴史と民度に基づく「文明度」が明らかに低い。
日中(&露)に囲まれて、歴史的に大変だったのは判るが、そのメンタリティ、周回遅れっすよ。

個人レベルではたぶん普通に交流できるんだろうけど、彼らを取り巻き縛っている、空気・世論がおかしい。幼稚。
なんというか、小ざかしい中学生のメンタリティでできてますよね、あの国の世論。大人はいないのか。
政府は世論に迎合し、世論はメディアが作る訳だから、韓国メディアが小ざかしい中学生のメンタリティなんでしょうね。

政府とか外交当局者はある意味かわいそうですよ。あんな国内世論を抱えていちゃ、まともな外交などできんでしょう。


・上沼

「ご本人が怒ってらっしゃる」という情報が外に漏れる時点で失格。
久保田なんて売れてから日が浅く、言わば新卒3年目みたいなもんなのに、そこにいちいち腹を立てるのを見ると、どうしても器の小ささを感じてしまいますね。

芸人なんて人気商売なんだから、業界の中で内々に処理して、外向けには寛大なこと言っておけばいいんですよ。

 

 

 

無駄な延命

Nスぺを観ながら、酔いつつなんとなく。

 

 

助かる見込みのない高齢者(イメージ的には90オーバー)の延命治療。

 

本人の意思確認が困難なケースがそれなりにある、と。

 

見込みがないならポックリ行きたい、と思うのが誰もが思うことなのかなと、思うわけですが、本人の意思が確認できない状況下では、家族にその判断がゆだねられるわけです。

 

てことを考えたら、その本人が生前稼いでいたらいただけ、無意味に延命されるに決まてるじゃないですか。だって、生きてたら、その分年金出るんですから。

 

てことで思ったのは、延命治療で支給が見込めるだけの年金は出してあげればいいんでないかしら。

 

年金が逼迫しているのはそうなんだが、どのみち払われる年金ならば、先払いすることによって、医療保険とか、医療現場の人的リソースの損耗を考えれば、メリットはあるんじゃないかなあ、と。

 

正直、死にゆく本人の問題ではなく、それを認めるか、そこに利害がかかわるか、という残される家族の問題なわけで、「親族の情」という言い訳の道をある意味断つことによって、社会的な人的リソースの損耗を軽減しましょうよ、という。

 

ここは、人間の性悪説に立って政策を立てていいんじゃないでしょうかね……

 

安田さんの叩かれポイントって自己責任論じゃなくね?

拉致られたにしては不自然な点がいくつも出てくるので、

 ホントに拉致られてたのか?

っていうツッコミが入って盛り上がってる感じなんだと思うんだけど。

 

自己責任論なんて、イラクの時にひとしきり議論になって、今更同じようなこと言ってる人いないと思うんだけど。少なくともネット上のまともな議論としては。

自己責任論にネタとしての鮮度はないし、安田さんにはそれ以上に盛り上がれるツッコミどころがあるから叩かれてるんじゃね?という気が。